悩んだら読む!マンション大規模修繕完全ガイド

大規模修繕工事と改修工事でしっかりとメンテナンス

外壁のイメージ マンションの大規模修繕を担当するのは何回目ですか?

大規模修繕のほとんどのケースが初心者の方だそうです。

このサイトは初めての大規模修繕を行う方へ、マンション大規模修繕の全てを解説したサイトです。

大規模修繕を予定しているマンションへは今後も永く住むことになると思います。今正しい選択をすることで10年後の生活も変わってきます。知識を付け納得いく大規模修繕を行っていきましょう。

マンションの大規模修繕工事って何?

マンションは建てた後に、マンションの経年劣化に合わせて修繕を行なっていく必要があります。なぜなら、どのマンションでも放っておけば老朽化が進み、建物が崩れていく恐れがあるから。老朽化を防ぐためにも、定期的に修繕を行う必要があるのです。

マンションの修繕内容はほとんどが大規模で、修繕費用が高く、長期的な修繕計画が必要です。そのような大がかりな工事を、「大規模修繕工事」といいます。大規模修繕工事は、外壁の補修工事や屋上の防水加工、給水管や排水管の取り替えなどを行ないます。

「修繕」と「改修」の違いとは?

大規模修繕工事には、修繕と改修の二つの作業があります。似ているような言葉ですが、この二つには、どのような違いがあるのでしょうか。

  • 修繕について
  • マンションを建てて時間が経ってくると、建物はどんどん劣化していきます。建物内にもいろいろな設備があるので、取り換え工事やメンテナンスを行なっていく必要があるのです。問題となっている箇所が、使用できるようになるまで状態を戻し、直していくことを「修繕」といいます。修繕作業は、一定の年数で計画的に行ないます。

  • 改修について
  • マンションに設置されている設備も、時代とともに性能や質が向上しています。年数が経過しているマンションは、設備の面でも時代と合っていないこともあり、マンション自体の価値を低くしていることがあります。

    マンションの維持や質、価値を高めていくために行なうのが「改修」と言われている工事です。修繕と似ているところはありますが、生活するにあたり高機能性や、生活水準を高めていく工事が「改修」となります。

  • 改修工事のメリット
  • 大規模修繕工事では、修繕を行なうだけでなく同時に改修を行なっていくことで大きなメリットがあります。

    建物の老朽化や、設備の不具合を修繕していきながら、マンションの価値を高めていく改修を行なうことで、住人の方の生活を快適にし、最新の技術の地震対策や防犯対策を取り入れて、マンションの安全の向上につなげることができます。

    また、ラウンジや宅配ロッカーなどの新しい設備を導入していくことで、資産価値を高めていくことができます。

    同年に建築されたマンションでも、改修工事を行なっているところと、行なっていないところでは、どちらの価値が高いかは想像がつくと思います。時代とともに変化していく、マンションであれば、住み続けたいと思えますよね。

修繕工事を行なうには、建物や設備の劣化している部分や機能の状態を確認する必要があります。建物の状態をしっかりチェックすることで、適切な工事を行なうことができます。確認を終えた後は、過去のデータを基に長期にわたるマンションの修繕計画書を作成していきます。マンションを長期的に維持するために入念な計画を立て、修繕工事を行なっていきます。

また修繕工事だけでなく、新しい設備の導入や建物内を改修についても提案していきます。改修作業を行なうことで、資産価値を高めるマンションに工事していきます。

マンションの大規模修繕工事はどうして必要なの?

マンション大規模修繕とは長期修繕計画に基いて一定期間ごとに実施する建物全体の修繕工事のことを言います。一般的には新築から12~13年、もしくは前回の大規模修繕から10年程度の時期が修繕のタイミングと言われ、マンションを新築時の状態に戻すことを目的に数ヶ月間かけて工事が行われます。

壊れた箇所はすぐに補修しているから大規模修繕は必要ないと考える方もいるかもしれませんが、それだけでは十分ではありません。マンションの劣化は、目に見えない部分で少しずつ進行しているからです。そのまま放置しておくと、やがて外壁は剥がれ、内部へ水分が浸透して鉄筋部分が酸化、コンクリートは膨張して壊れてしまうことも。そうして建物の機能や外観が損なわれてしまうと、マンションの資産的な価値も下がってしまいます。したがって大規模修繕工事は、住環境の維持・健全化や住民の大切な財産を守るために必ずやらなくてはいけません。

どこに依頼するのがいい?

マンションの大規模修繕の依頼先は、

  1. マンションの管理会社
  2. ゼネコン
  3. マンション修繕の専門会社

の3つの選択肢があります。必ずしもマンションの管理会社に依頼しなければいけない、というわけではなく、自由に選択することができます。

それぞれのは以下のような特徴があります。

管理会社にお願いする方法

マンションの管理会社の提携業者・関連子会社などに工事をお願いする方法です。普段からお世話になっている管理会社を通して行うため、一見一番お手軽でいい方法に思えますが、管理会社はもともと修繕工事を主体とした会社ではないため、施工管理能力が弱いというデメリットも。また、過剰な工事仕様を提案する場合もあり、無駄な工事が行われる可能性もあります。

ゼネコンにお願いする方法

新築マンションなどを建てている総合建設業の会社にお願いする方法です。組織力が高く、技術面や人材面に強いというメリットがありますが、工事自体は下請け会社が行うところも多く、現場代理人の力量によって対応力に差が出てきます。また、大規模修繕工事に特化した実績や経験・知識は施工業者によって差があります。

大規模修繕の専門会社にお願いする方法

マンションの修繕工事を専門としている施工業者にお任せする方法です。もともと塗装工事や防水工事を担当していた会社が実績を積み、大規模修繕工事全体を行うようになったという会社も多く、専門的な知識や経験が豊富です。状況に応じて細やかな対応ができ、小回りが利く点も専業者ならでは。意外かもしれませんが、工事金額を抑えやすいというメリットもあります。ただし、会社によっては総合的な管理能力がやや弱いというケースもあります。

 おすすめの依頼先は?

これらの特徴から考えると、一番おすすめなのは「大規模修繕工事の専門会社」ということになります。マンションの大規模修繕はかなりの専門知識が必要なので、修繕積立金を無駄なく使うためには専門会社にお願いしたほうが良いのです。

ただ、管理会社の中にはとても親身になってくれるところもありますし、名前の知れた大手ゼネコンの工事ならではの安定感がいいという方もいるでしょう。

大切なのは、「信頼できる会社かどうか」ということです。

透明性・公平性のある業者かどうかを十分検討し、最終的にお任せする会社を決めるようにしましょう。

首都圏で選ばれているマンション大規模修繕工事業者はココ!

マンションの大規模修繕工事を行う際には、マンションの規模についても考えておく必要があります。マンションの規模は、大きく分けて小規模・中規模・大規模マンションの3つに分けられます。

一般的には、

・50戸未満…小規模マンション

・100戸未満…中規模マンション

・100戸以上…大規模マンション

と呼んでいるようです。

大規模修繕工事はマンションの規模によってその工事内容・必要な施工技術が異なってくるため、できるだけ自分たちのマンションと同規模のマンションの施工実績が豊富な業者を選ぶようにしましょう。

また、防犯や住民への周知、価格設定など、工事以外のサービスがしっかりしているところを選ぶことも大切です。

【業者選びのポイント】

  • 修繕工事の施工実績が十分かどうか
  • アフターサービスや保証期間は適切か
  • 自分たちのマンションの現状に合った工法か
  • 住民への対応は万全か
  • 現場担当者はどのような人か(経験値など)
  • 金額は妥当であるか
  • 工事説明会のやり方や対応は良いか

などを参考に、工事をお願いする会社選びを行いましょう。

  • 50戸未満のマンションに
    強いのはココ

    小規模マンションの大規模修繕が得意な3社をピックアップ。各社の特徴や施工実績、会社情報を紹介します。

    詳しく見る
  • 100戸未満のマンションに
    強いのはココ

    中規模マンションの大規模修繕が得意な3社をピックアップ。各社の特徴や施工実績、会社情報を紹介します。

    詳しく見る
  • 100戸以上のマンションに
    強いのはココ

    大規模マンションの大規模修繕が得意な3社をピックアップ。各社の特徴や施工実績、会社情報を紹介します。

    詳しく見る

小規模マンションにおすすめのラクシ―

株式会社ラクシーは、東京・神奈川・千葉・埼玉など関東一円で大規模修繕工事を専門に行っている会社です。

1985年の創業時は塗装業を中心としていましたが、1990年からはマンションやビルの修繕を主として事業展開しています。

大規模修繕工事に特化しているため、建物診断→工事計画→施工→アフターメンテナンスまで一貫して自社で行うことができ、適正価格の工事が実現するところもポイントです。

年間100棟以上の施工を行っていて専門性と技術力の高さに定評があり、さらに帝国データバングでの評価も高いので安心して工事全般をお任せできます。

また、工事中の防犯に関してかなり力を入れているのも特徴です。

具体的な取り組みは、

  • 工事している人が外からもよく見えるよう、黒メッシュシートを採用
  • 足場には防犯カメラを最低4台設置し、不審者の侵入がわかるようにする(防犯カメラ作動の旨を日本語と英語で表示。設置以来、不審者が侵入したケースは1度もない)
  • 窓からの侵入防止に補助錠前を提供
  • センサーを設置し、人が通ると灯りが点灯
  • 関係者と不審者を見分けやすいよう、ラクシー君のキャラクターのついたベストやヘルメット、腕章などを全員着用

などがあります。

この他、工事中は24時間インターネットで工事進捗情報を確認できるオリジナルサービスがある点も◎。いつでもどこでも工事の状況を確認できるので、透明性の高い安心安全な大規模修繕が実現します。

ラクシーの施工実績

  • 文京区 湯島マンションサマリヤ(42戸)
  • 足立区 グランシティ五反野(40戸)
  • 江東区 ベルメゾン亀戸コンフォートレジデンス(37戸)
  • 北区 クレアホームズ滝野川(42戸)

ラクシーが小規模マンションにおすすめな理由

小規模マンションでは、効率的な施工の進行と近隣住民へのケアが大切になってきます。

また、この規模のマンションは住宅街の中にとても多いタイプ。

人の往来が多いエリアに建っているマンションが多いので、防犯や安全対策も十分行ってくれる業者を選ばなければいけません。

その点、ラクシーは防犯・安全対策が徹底しているので、工事中の不審者の侵入や足場の落下事故などについては最大限注意を払ってもらえます。

もちろん、近隣住民への周知活動もしっかり行ってくれますし、効率的な工事計画で可能な限り短期間の工事になるよう配慮があるので安心です。

ラクシーの会社概要

会社名 株式会社ラクシー
所在地

・千葉県松戸市東松戸3-7-21(本社)

・東京都港区新橋4-25-6鈴仙ビル2F(東京営業所)

・神奈川県横浜市西区楠町10-8(神奈川営業所)

対応エリア 東京、千葉、神奈川、埼玉(関東一円)

小規模マンションにおすすめの業者3選を見る>>

中規模マンションにおすすめの日装

日装は首都圏を中心に静岡、長野、兵庫までを対応エリアとしているマンション・ビルの大規模修繕工事の専門会社。

創業した1959年から塗装工事や内外装工事を請け負っていましたが、1978年にビル・マンション改修工事事業を開始。これまでに3,000棟以上の大規模修繕工事の実績を持っています。

現在では大規模修繕工事以外に給排水・電気設備工事や商業施設、倉庫などを用途転換するコンバージョン事業、付加価値の高い建物に変えるためのプランニングなど幅広く展開しています。

日装の施工実績

  • 目黒区 目黒セントラルマンション(87戸)
  • 台東区 上野入谷シティハウス(61戸)
  • 町田市 スペリオメイツ町田中町(84戸)
  • 横浜市 桜木町スカイハイツ(63戸)

日装が中規模マンションにおすすめな理由

中規模マンションでは、駅チカにあることが多く、大規模修繕工事をする時に近隣に迷惑をかける可能性があります。

日装では、工事を通じて居住者とのコミュニケーションを深め、優れた品質管理システムにより高品質な施工体制を築き上げています。

また、社員全員がサービス介助士の資格取得を目指していることも、他の工事会社にないユニークな点として注目を集めています。

日装の会社概要

会社名 株式会社日装
所在地

東京都新宿区新宿2-13-12 住友不動産新宿御苑ビル(本社)

対応エリア 首都圏を中心に静岡、長野、兵庫など

中規模マンションにおすすめの業者3選を見る>>

大規模マンションにおすすめのカシワバラコーポレーション

カシワバラコーポレーションは、創業から70年近く、日本の重要な建物の塗装メンテナンスを担ってきた建設コンサルタント会社。現在ではこの塗装技術をベースとして、ビル・マンションの大規模修繕からトータルリノベーションまで幅広く手掛けています。

プラント塗装事業では、大型プラントやコンビナート等、大型野外工業の塗装を手掛けており、業界ナンバーワンの実績があります。

特に、独自に開発した足場構築技術など、安全面への取り組みで高い評価を得ているようです。

この塗装事業から発展してできた事業部門が大型マンションやビルの塗装・修繕工事になります。

CGを用いたカラーリングの提案、住民へ配慮した工程管理など、丁寧な仕事に定評があり、関東・関西・九州エリアのマンションリフォームの完工高では、こちらもすでに業界トップクラスのシェアを誇ります。

なお、年間受注の50%以上はマンションの大規模修繕が占めており、実績も十分に信頼できるものです。

現在国内拠点は25か所、海外ではミャンマーや台湾、インドネシアなどでも事業展開しており、こちらも好調に推移しているそうです。

カシワバラコーポレーションの施工実績

  • 中野区 コーポ中野(135戸)
  • 足立区 グリーンコーポ千寿(468戸)
  • 大田区 メイツ大森西(165戸)
  • 川崎市 サンスクエア川崎(279戸)

カシワバラコーポレーションが大規模マンションにおすすめな理由

大規模マンションとは100戸以上の規模のマンションを指します。この規模のマンションは再開発エリアや郊外などの土地の広い場所に多く、高層タワー型や団地型などのタイプがあります。

こういったタイプの建物の修繕工事は高度な技術やノウハウが必要となるため、施工できる業者はかなり限定されます。

カシワバラコーポレーションは大型建造物の塗装も数多く手掛けており、国会議事堂などの官公庁の工事も受注しているほどなので、大規模マンションの工事も安心してお任せできます。

外装・内装はもちろん、給排水設備のリニューアルまで総合的なメンテナンスをお願いできる点もポイントです。

カシワバラコーポレーションの会社概要

会社名 株式会社カシワバラ・コーポレーション
所在地 東京都港区港南1-8-27 日新ビル9階(東京本社)
対応エリア 日本全国

大規模マンションにおすすめの業者3選を見る>>

これ以外のおすすめ業者も知りたい方は…

マンションの大規模修繕工事をお考えであれば、マンションの規模についても考慮し、同規模マンションの施工を多く手掛けている会社を選ぶのがおすすめ。

ここまではイチオシの1社をご紹介してみましたが、この他にも規模別でおすすめの業者はあります。それぞれ3社ずつ厳選してありますので、さらに詳しく見たい方は「管理組合に選ばれているのはココ【規模別】大規模修繕会社」もご参照ください。

 
 

マンションの大規模修繕業者選びに重要な4つのポイント

POINT 11.経営状態

大規模修繕業者の中には自転車操業の会社も多く、工事後に不備や追加修繕箇所が見つかっても施工会社が倒産していて対応してもらえない…というケースもあるようです。少なくとも次の修繕工事が始まるまでの10年間は存続可能な会社を選びましょう。
会社のHPや担当者の雰囲気から経営状態まで判断するのは難しいので、帝国データバンクなどの企業信用調査会社を活用し、しっかりとしたリサーチをおすすめします。面倒に思う人もいるかもしれませんが、将来のために必ず確認しましょう。

POINT 22.サービスの質

修繕工事の基本的な手順や大まかな施工内容について、業者による違いはそれほどありませんが、品質管理や安全面の配慮、住民へのケアについては差が出てきます。
イマイチな業者を選んで住民からクレームが出たら、管理組合の方が非難にさらされます。検査体制や安全・防犯対策、住民への周知連絡、アフターメンテナンスの内容など、工事に関連するサービスの充実度はその会社の実績や経験が影響しているのでしっかりチェックしましょう。

POINT 33.プレゼンテーション(ヒアリング)の質

施工業者を選ぶ時、複数業者から見積りを取って絞り込んでいくのが通常の進め方ですが、業者を2~3社まで絞ったら、業者の方を招いてプレゼンテーションをしてもらいましょう。これは各業者に施工内容や住民対応についての説明をしてもらう場で、プレゼン内容だけでなく、担当者の人柄や工事に対する姿勢を確認できます。
工事の説明以外にも、住民に対する具体的な修繕箇所や不具合についてのヒアリングを、ていねいかつ親身に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

POINT 44.現場代理人の対応力・親身さ

大規模修繕工事中は、業者から専属の現場代理人が設定されます。現場代理人とは現場を統括監理する人のことで、工程管理から顧客窓口まで担当します。つまり工事がいかにスムーズに進められるかは、現場代理人とのやり取りにかかっているわけで、こちらの注文・質問への対応力や対応スピードが重要になってきます。
業者選びの段階で現場代理人のことについても問い合わせ、連絡方法やどのくらいの頻度で現場視察をしてくれるのか確認しておきましょう。また、長いお付き合いになるわけですから、人柄や親身さも重要なポイントです。

マンションの大規模修繕が初めての方!解決しておきたい疑問一覧

マンションが建ってから10~15年も経過すると、外壁やタイルなど見える部分だけでなく、日常で見えない部分(給排水管など)にも傷みがきているものです。

ある時期が来たら、どんなマンションでも大規模修繕工事を行うことは必須事項になります。

とはいえ、はじめての大規模修繕となると素人である居住者にはわからないことだらけです。

そこで、ここからは大規模修繕を行おうとする方々に向け、役立つ知識をQ&A形式にまとめてご紹介しておきたいと思います。

大規模修繕の準備は、工事の2~3年前から検討をはじめるのが望ましいので、「うちのマンションにはまだ早い」という方も、近い将来のために是非ご覧になってみて下さい。

大規模修繕って何?必要なの?

マンションの修繕工事のなかで、何が大規模修繕工事にあたるのかは特に基準は設けられていません。一般的に多額の費用が必要だったり足場を組んで大がかり行うものを「大規模修繕工事」と呼ぶことが多いようです。

工事内容は、外壁の塗装やタイルの張替、共用部分や屋上の防水、鉄部の塗装、給排水設備の交換、電気設備の交換、シーリング工事などがあります。

修繕だけでなく、必要に応じてマンションをグレードアップする改修工事を行うこともあります。(バリアフリー化や新しい設備の設置など)

マンションは建てて終わりというものではなく、経年劣化に合わせて修繕をしていく必要があるため、大規模修繕は定期的に行わなければいけません。

安全に快適に暮らすというためだけでなく、マンション価値を下げないためにも必要なことです。

すべて理事会で行うの?

大規模修繕工事が必要になるころにはマンションは築10年を過ぎているので、理事会はすでにいろいろな課題を抱えています。そんな中、わずかな人数で構成された理事会だけで大規模修繕工事に取り掛かるのは困難を極めます。

そこで必要になるのが、特別委員会や修繕委員会といったプロジェクトチーム。理事会に代わって、理事会の手が回らない部分に取り組み、大規模修繕工事をスムーズに進めるための役割を果たす「作業部隊」を作るのが一般的です。

修繕委員会の役割分担は、技術、法律、財務会計、広報、渉外などがあります。組合員を対象に公募し、できれば毎回参加できる方を選ぶのがベスト。また、年代や性別にあまり偏りがないように構成することもポイントです。

打ち合わせの頻度はどれくらい?

参加者のスケジュールを調整しつつ、1か月に2~3回の頻度で打ち合わせを行うことが多いようです。開催回数は理事会よりも多くなるので、修繕委員会のメンバーを決める時はこの点もよく注意しておかなければいけません。

メンバー同士で協力し合うことを大切にし、責任感を持って動ける方を選ぶことが重要です。

修繕費用が足りない場合の問題は?

実際に工事の設計をはじめてみると、当初の計画段階では予測できなかった内容が必要になってくる場合もあり、資金不足が明らかになることも珍しくありません。それが判明するのが遅かった場合、住民からのクレームに発展する恐れもあります。

資金不足の場合、区分所有者から一時金を集める方法や公的機関・金融機関から不足分を借り入れる方法などで対応します。それがどちらも難しい場合は、分割施工(※)や工事の延期も考えなければいけません。(しかし、工事を延期すると建物の劣化が進み、結果的に工事費用が高くなる可能性もあります)

こういった資金不足を防ぐには、長期修繕計画の見直しを定期的に行っておくことが重要です。

※分割施工…緊急で施工が必要な部分だけを先に工事し、その他の工事を先延ばしにする方法。

大規模修繕にかかる費用はどのくらい?

マンションの規模や劣化具合・施工内容・立地条件などによって異なるので一概には言えないのですが、マンションの規模が大きければ戸あたりの費用は安く、築年数が古くなるほど費用が高くなると考えておきましょう。

一般的な相場としては、

50世帯のマンションで築10年、劣化具合は標準の場合→

外壁タイルの補修・廊下や階段の現状機能回復・屋上防水の修繕工事(改修工事はなし)として、1戸あたりの費用は100万円程度が標準のようです。

つまり、修繕積立金は(戸数×100万円)よりも多くなければいけない、ということでもあります。修繕積立金がこれよりも少ない場合、実際の工事で費用が不足する可能性が高いです。

大規模修繕をお願いする会社はどうやって選べばいいの?

マンションの大規模修繕をお願いする会社を選ぶ際は、下記のポイントに注意してみて下さい。

・大規模修繕工事の経験が豊富

・工事に関する知識や技術を持っている

・費用の内訳が明確である

・居住者や近隣住民への対応もきちんと考えてくれる

・アフターメンテナンスや保証内容がしっかりしている

・専門知識のない相手(居住者)にもわかりやすい説明ができる

 

マンションの大規模修繕をお願いする業者には、マンション管理会社・ゼネコン・修繕の専門会社の3つがあります。

特に、修繕専門会社は技術力の高さ・費用が安くなりやすい・工期が短くなりやすい、という点でおすすめ度は高いです。

どの業者にお願いするにせよ、居住者や管理組合の側に立って工事の設計・施工・監理を行ってくれるところを選ぶようにしましょう。

 

より詳しく知りたい方は、下記の関連記事で解説しているのでぜひご一読下さい。

関連記事:大規模修繕工事の依頼先業者の選び方

見積もりは複数社からとった方がいい?

施工会社を決める際は、居住者が納得できる公正な方法で業者を選ぶ必要があります。管理組合に有利な条件で施工を委託してもらうため、「相見積もり」といって複数業者から見積もりを取るのが基本です。

金額や内容を比較検討し、最終的な業者を決めていきます。

見積もりを取る時は、できるだけ項目を統一しておくと比較しやすくなるのでおすすめです。

また、見積もりと工事の質のバランスを考慮するのも重要なポイント。

金額だけを見るのではなく、工事の内容や技術力、安全対策、工事後の点検・性能保証なども含めて総合的に判断するよう注意しましょう。

 

さらに深く知りたい方は、下記の関連記事で解説しているのでご参照下さい。

関連記事:大規模修繕の費用相場と見積書のチェックポイント

見積もりで金額が違うのはなぜ?

見積もりで各社の金額を比較すると、だいたい安いところと高いところで2~4割くらいの差が出てきます。工事単価が同じだとしても、諸経費は業者によって異なるために総額に差が出てくるのです。(諸経費は通常、直接工事費の10%程度になるのが標準的)

総額だけを見るのではなく、詳細部分まで細かくチェックして何にどのくらいの費用がかかっているのかを確認しましょう。

また、見積もりの結果だけを見て施工業者を決定するのもNGです。施工業者の能力や施工体制、熱意なども含めて慎重に検討するようにしましょう。

修繕工事中の防犯対策は?

マンションの大規模修繕工事中は、業者の方が多数出入りするようになります。すると心配なのが不審者の侵入ですね。「工事中に泥棒に侵入された」といったケースもゼロではないので、この点についても注意は必要です。

通常、施工会社は次のような防犯対策を行っているものです。

・センサーライトの設置

・作業員が専用ベストなどを着用

・補助鍵の貸し出し

・出入り口の施錠や足場の金網養生

施工会社を選ぶ際は、このような防犯対策をきちんと行っているかどうかを確認しておくことも忘れてはいけません。会社によっては足場防犯システムを有償で追加するところもあります。

 大規模修繕の時に起こり得る住民間のトラブルは?対策は?

大規模修繕の工事がはじまると、生活面で気になることが多々出てきます。住民間のトラブルでよくあるものを挙げてみます。

・騒音・ニオイ・埃・振動などに関するクレーム…工事に伴うニオイや騒音は避けられないものです。現在では、ニオイの少ない塗料や低騒音の機材も登場してきていますが、これらが全くない工事というのは不可能です。

・プライバシーのトラブル…工事中は外に足場を組みますので、作業員が窓の外に見える状態。事前にカーテンを閉めて下さいなどお願いされるのですが、住民側が忘れてしまってトラブルになるケースがあります。

 

これらの問題は、事前に工事説明会などでしっかり周知しておくことである程度防ぐことができます。

工事内容や範囲、スケジュール、想定される生活への影響や注意点、協力して欲しいことなど具体的に伝えることが大切です。

 

より詳しく知りたい方は、下記の関連記事で解説しているのでご参照下さい。

関連記事:住人へのケア

関連記事:大規模修繕工事で発生しやすいトラブル事例と対策

 アフターサービスはあるの?

マンションの大規模修繕工事は、工事が終わったらそこで完了というものではありません。工事後のアフターメンテナンスがどのようになっているのかも、施工業者選びの際に注意しておかなければいけないポイントの一つです。

・メンテナンス体制がどうなっているか。(専門窓口や部署があるか)

・定期点検のタイミングや内容などが明確に提示されるか

・瑕疵保障制度に加入しているか、保証金額はどの程度か

などは事前に確認しておきましょう。

 

※瑕疵(かし)保証制度…住宅の購入・建設工事・リフォーム工事に際して、「重大な欠陥」から消費者を守るための保険

 

より深く知りたい方は、下記の関連記事をご参照下さい。

関連記事:アフターメンテナンス「定期点検の流れとチェックポイント」

ある程度疑問が解決したけど、何からはじめたらいいの?

ここまでのQ&Aである程度の疑問が解決したら、次はいろいろな業者を見てみましょう。

当サイトでは、マンションの大規模修繕工事を得意としている優良な施工会社を厳選してご紹介しています。

それぞれの会社の特徴やおすすめポイントなどをまとめてありますので、自分たちのマンションをお任せしたいと思えるところを探してみて下さい。

複数の会社の特徴を見比べてみると、大規模修繕工事で大切なポイントがより具体的に見えてくると思います。

なるほど!マンション大規模修繕工事の流れ

管理組合の理事さん必見!スムーズなマンション大規模修繕を行うコツ

ほぼ10年周期で行わなければならないマンションの大規模修繕工事。スムーズに進めるためには、しっかり手順を踏んで行う必要があります。現地調査から業者選び、工事中の確認点、アフターメンテナンスまで一連の流れを解説していますので参考にしてください。

修繕委員会は設置しなきゃダメ?

理事会に代わり、先頭に立って大規模修繕を進めるのが修繕委員会。どこにどのような修繕が必要なのかを専門業者から聞いた後に設置します。そのまま理事会が委員会になったり、理事の中から修繕担当者を決めたりするのも可能です。

しかし建物全体の工事ですので、住民の意思をしっかり反映しなければなりません。年代や性別、個人の感じ方で意見は異なるので、さまざまな人を組み合わせるのが理想的。修繕中にトラブルやクレームなどが出てきた場合は、委員会で対処します。

また、理事会よりも開催の回数が多いので、毎回参加可能な方を選ぶのがベスト。責任のある立場であるため、自主的に行動できる人を選ぶのが最善でしょう。トラブルをなるべく起こさず、皆の意見を反映しながらスムーズに進めるには、修繕委員会は欠かすことのできない存在だと言えます。

マンション大規模修繕
工事業者リスト(東京・千葉・埼玉・神奈川)

大規模修繕は失敗しないよう慎重に進めなければいけませんが、専門知識に乏しい管理組合にとって工事業者を選ぶのは意外と難しいものです。そこで首都圏を対応エリアとする専門業者の中から豊富な施工数と実績を持ち、評判のよいところをピックアップしました。

  • ラクシー引用元:ラクシー公式HP
    (http://www.ruxy.co.jp/)
    ラクシー

    マンションの大規模修繕だけに特化した専門業者で年間100棟を施工。専門性・技術力の高さと対応の良さが好評で信頼性抜群です。

    所在地:千葉県松戸市東松戸3-7-21

    対応エリア:東京、千葉、神奈川、埼玉(関東エリア)

  • カシワバラコーポレーション引用元:カシワバラコーポレーション公式HP
    (http://www.kashiwabara.co.jp/)
    カシワバラコーポレーション

    創業から65年以上塗装を中心に事業展開。プラント塗装のノウハウを活かした高い技術力で大規模修繕工事が可能な大手企業です。

    所在地:東京都港区港南1-8-27 日新ビル9階(東京本社)

    対応エリア:日本全国

  • サカクラ引用元:サカクラ公式HP
    (http://www.sakakura-kk.co.jp/)
    サカクラ

    30年で6,600棟の施工実績がある大規模修繕専門の工事業者。独自の訓練プログラムにより高品質で安全な施工が可能です。

    所在地:神奈川県横浜市磯子区岡村7-35-16

    対応エリア:東京、神奈川、千葉、名古屋、大阪、福岡

  • シンヨー引用元:シンヨー公式HP
    (https://www.sinyo.com/)
    シンヨー

    全国規模で大規模修繕を行う工事業者。移動式足場での作業に対応しているため超高層など大規模マンションの施工も可能です。

    所在地:神奈川県川崎市川崎区大川町8-6

    対応エリア:東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、ほか

  • 太陽引用元:太陽公式HP
    (http://www.renewal-taiyo.co.jp/)
    太陽

    創業から40年、品質重視で大規模修繕を行なってきた工事業者。きめ細やかな対応と充実したアフターサービスが強みです。

    所在地:埼玉県さいたま市南区辻2-3-5

    対応エリア:東京、千葉、神奈川、埼玉(関東エリア)

  • 日装引用元:日装公式HP
    (http://www.nisso-x.co.jp/)
    日装

    3,000棟以上の大規模修繕の実績を持つ工事業者。「おもてなしの心」を大切に、社員全員がサービス介助士を目指しています。

    所在地:東京都新宿区新宿2-13-12 住友不動産新宿御苑ビル

    対応エリア:東京、静岡、長野、兵庫

  • ヤシマ工業引用元:ヤシマ工業公式HP
    (http://www.yashima-re.co.jp/)
    ヤシマ工業

    1804年創業の大規模修繕専門業者ですが、建物コンサルティングに力を入れ、管理組合をサポートするサービスメニューもあります。

    所在地:東京都杉並区上井草2-14-3

    対応エリア:東京を中心に首都圏エリア

  • ヨコソー引用元:ヨコソー公式HP
    (http://www.yokosoh.co.jp/)
    ヨコソー

    創業100年の歴史がある大規模修繕専門業者で施工実績は17万戸以上。データベース管理による不具合補修の迅速対応が可能です。

    所在地:神奈川県横須賀市森崎1-17-18

    対応エリア:東京、千葉、神奈川、埼玉(関東エリア)

費用&ビフォー・アフター!大規模修繕事例集

※当サイトはマンションの管理組合に向けて、大規模修繕工事の必要性と進め方を紹介するサイトです。個人で得た情報を基に作成していますので、詳細なデータや見積もり等は各修繕業者の公式HPでご確認ください。

PAGETOP