悩んだら読む!マンション大規模修繕完全ガイド

マンション大規模修繕工事業者ガイド » 費用&ビフォー・アフター!大規模修繕事例集

費用&ビフォー・アフター!大規模修繕事例集

ここでは、大規模修繕はどのような手順で行われるのか、マンションの規模別の費用や事例を紹介しています。

マンション大規模修繕の費用と注意点

マンションの大規模修繕を行う場合、マンションの規模に比例して総工費も高額になっていきます。大規模マンションの場合は、工事範囲が広く工期も長くなるので総費用が高くなるのは当然なのですが、実は1戸あたりの単価に換算すると小規模マンションよりも低くなるのです。

大規模マンションの1戸あたりの単価は60~90万円、中規模マンションは65~100万円、小規模マンションの場合は70~120万円くらいが目安になります。小規模マンションの方が安いようなイメージがありますが、工事の基本部分は同じなので、戸数が多い大規模マンションの方が効率がよくなるというスケールメリットがあるのです。また、小規模マンションの場合は1戸の影響が大きくなるので、綿密な長期修繕計画を立てておかないと、資金不足が起きる可能性も高くなるので注意が必要です。

規模による施工内容の違い

マンションの大規模修繕の施工手順は、大まかな部分ではマンションの規模による違いはほとんどないと考えてよいでしょう。

修繕工事の流れとしては、仮設・足場工事から始まり下地補修工事、シーリング工事をしてベースを固めた後に、外壁塗装や鉄部塗装を行い、最後に防水工事といった工程が主になります。とは言っても、細かな部分においてはやはり違いも出てきます。大規模マションと小規模マンションでは足場の組み方は違いますし、共用スペースは大規模マンションの方が手間がかかります。小規模マンションでは同時並行してできた作業も、大規模マンションではできないなど、施工に関わる部分の影響は大きいようです。

表面的な施工内容を比べるだけではわかりにくいのですが、マンションの規模に応じたノウハウや工法など、見えない部分に違いがあることを知っておかなければなりません。

ここでは小規模マンション、中規模マンション、大規模マンションと分けて、それぞれを得意とする工事業者の施工方法や手順を紹介しています。大規模修繕を行う際に発生しやすいトラブル事例と対策方法についても解説しているので、参考にしていただければ幸いです。

PAGETOP