悩んだら読む!マンション大規模修繕完全ガイド

マンション大規模修繕工事業者ガイド » 費用&ビフォー・アフター!大規模修繕事例集 » トラブル事例集

トラブル事例集

ここではマンション大規模修繕で起きやすいトラブルや失敗事例を紹介。対処法や予防策についても解説しています。

大規模修繕工事で発生しやすいトラブル事例と対策

マンション大規模修繕は実際にスタートすると事前にしっかり準備や告知を行なったと思っても、想定外のトラブルやクレームが発生するものです。

以下に代表的な事例と対応策を紹介しますので、これから大規模修繕を計画している方はできるだけトラブルを避けるためにどうすべきかを把握するようにしてください。

工事から数年で外壁が剥がれ漏水が発生

Hマンションでは築12年になるため長期修繕計画の内容にしたがって大規模修繕工事を行うことになりました。初めてのことでしたが管理組合の方で工事業者を選定し、何とか工事を終えることができました。ところが施工の質が悪かったらしく工事から3年も経たないのに、外壁が剥がれてきて漏水も発生。別の業者で調べてもらったら使用されていた塗料が粗悪品だったことがわかりました。

【対処・予防策】
管理組合は建築のプロが集まっているわけではないので、見積金額だけで判断してしまい業者選びに失敗することがあります。費用も大切ですが、事前に同規模のマンションの施工実績があるか、アフターフォローの体制がしっかりしているかなどしっかり調査することが重要です。大規模修繕が初めてという場合は多少費用がかかってもコンサルタントを入れて業者選びのアドバイスをもらうとよいでしょう。

マンション住人からのクレームで対応に苦慮

Fマンションでは事前に大規模修繕工事のスケジュールや工事内容を掲示板で告知。計画通り進んでいると思っていましたが、天候不順などの影響で工事に遅れが発生しました。その結果、住民から計画書の内容と違う、バルコニーが使えず洗濯物が干せない、遅くまでうるさいといったクレームが次々に発生してしまい対応に追われることになりました。

【対処・予防策】
大規模修繕工事は住みながら行うものなので、住民にいろいろと不便や制限を強いることになりストレスも溜まりやすくなります。告知した計画の徹底を努めるよう工事業者との連携を密にして、もし変更が起きた場合はスピーディに連絡することが重要です。工事の騒音や塗料の臭いなどあらかじめ想定されることは詳しく説明して、事前に話し合いなどして理解してもらわなければなりません

修繕積立金の不足で工事が進められない

マンションGでは新築時からずっと同じ修繕積立金額で大規模修繕の準備をしていましたが、いざ工事を進めようという段になって資金の不足から工事費を賄えないことが判明しました。工事を進めるために一時金を集めて対応することになりましたが、住民の中には不満や計画の甘さに不安を持つ人もいて後味の悪い結果となってしまいました。

【対処・予防策】
修繕積立金が不足するといった事態は決して珍しくないものですが、それが判明するタイミングによってトラブルの度合いも変わってきます。時間に余裕が無い場合は修繕工事を延期しなければならないことも出てきます。長期修繕計画は少なくとも5年に1回は見直し、資金不足が予想される場合は、しっかりと説明した上で途中で積立金額を値上げするなどして住民の理解を得ることが大切です。

PAGETOP