悩んだら読む!マンション大規模修繕完全ガイド

マンション大規模修繕工事業者ガイド » マンション大規模修繕マニュアル・工事の流れとポイント

マンション大規模修繕マニュアル・工事の流れとポイント

ここでは、マンションの大規模修繕の進め方や注意すべきポイントなどについて解説しています。

マンション大規模修繕工事の大まかな流れ

マンションは建てた瞬間から劣化が始まります。長期間放置してしまうと様々な不具合が起きるため新築から12~13年、もしくは前回の大規模修繕から10年程度のタイミングで大規模修繕を行う必要があります。

大規模修繕は闇雲に工事を行えばよいということはありません。修繕積立金を管理して長期修繕計画にしたがって慎重に進めないと失敗する可能性もあります。

大規模修繕の時期が近づいてきたら最初に行うのは建物診断です。これはどのような修繕が必要かを把握するために行うもので、客観性を持たせるのであれば専門業者に依頼するのがよいでしょう。

次にどの業者に依頼するかを検討します。依頼先としてはマンションの管理会社、ゼネコン、修繕の専門会社などが考えられますが、できるだけ信頼できるところをピックアップします。

ある程度、業者の絞り込みができたら複数に見積り依頼をします。単純に費用が安いということだけで判断するのではなく、施工技術や実績、プレゼン内容など総合的に比較することが重要です。この時、修繕プラスαで改修工事が必要かどうかも検討します。

工事がスタートしたら住人へのケアを忘れてはいけません。また監理と呼ばれる工事中の進捗・状態チェックが必要になります。これは建築士しかできないため場合によっては設計事務所などの専門業者に依頼します。

修繕工事が終わってからも、アフターメンテナンスがあります。業者に定期点検をしてもらいながら、必要箇所を補修したり次の大規模修繕に備えます。

こうした一連の流れはだいたい10年周期で繰り返されます。どのように進んでいくのかを把握しておけば大規模修繕をスムーズに行えるようになるのでしっかり頭に入れるようにしてください。

各段階でどのようなことに注意すればよいかは、さらに詳細に解説していますので大規模修繕の進め方に悩んでいる方は参考にしていただければ幸いです。

PAGETOP