悩んだら読む!マンション大規模修繕完全ガイド

マンション大規模修繕工事業者ガイド » マンション大規模修繕マニュアル・工事の流れとポイント » 業者選び

業者選び

ここではマンション大規模修繕を依頼する施工業者の種類とそれぞれ特徴や注意点について解説しています。

3種類ある大規模修繕工事の依頼先

三のイメージ建物診断(現地調査)が終了して大規模修繕工事の内容が明確になったら、次に依頼する工事会社を決める必要があります。

大規模修繕を行う会社は最初から決まっているのでは?と思うかもしれませんが、発注先は大きく分けるとマンション管理会社ゼネコン(マンションの総合請負業者)、修繕の専門会社の3種類があり、自由に選ぶことができます。

マンション管理会社

日頃からマンションの保守点検や小さな修繕を行なっている会社です。管理業務を行う中でマンションの状態を熟知していると考えられ、管理組合や居住者対応については安心感があります。その一方で工事を主とした会社ではないので施工管理能力が弱い面があります。

ゼネコン(マンションの総合請負業者)

マンションを建設した総合建設業の会社のことです。マンションの新築工事を行っているため、その時の施工図や建物の詳細情報を持っていて下請けの専門業者とのパイプもあります。組織がしっかりしている安心感がありますが、会社によっては大規模修繕工事のノウハウがないことがあり対応にバラつきがあります。

修繕の専門会社

マンションの大規模修繕を専門としている工事業者のことです。主に大都市圏を拠点に事業展開している会社が多く、施工実績が豊富で専門分野の工事についての技術力は最も高いと考えられます。注意点としては全国規模で事業展開している会社以外の場合、対応エリアが限られていることがあるのでサポート体制も含め事前に確認しておくことです。

管理組合主導で客観的に判断するのが重要

すでに説明した通り、大規模修繕の依頼先は3種類ありますが、実際にどこが選ばれているかというと、これまでは建物診断からまとめて管理会社に依頼するのが一番多いケースでした。

マンションのことを一番良くわかっているのは管理会社だからそのままお願いしようというのがその理由として考えられます。

中にはいつの間にか管理会社に決まっていた、管理会社の方で勝手に進められてしまったということもあるようです。

しかしここで重要なことは意思決定の主体はあくまでも管理組合ということです。確かに管理会社に依頼すれば窓口が一本化できて楽な面もありますが、実際の工事は施工会社に丸投げで管理会社が間に入ることで工事費が割高になってしまうことも多いのです。

そこで最近では管理会社以外の選択が注目されるようになってきました。特に大規模修繕の専門会社に依頼すると、費用が安い・修繕技術が高い・工期が短いというメリットがあるため選ばれるケースが増加しています。

業者選び検討イメージもちろんこれを行うには管理組合がしっかりしていることが前提となります。リストアップした工事業者の中から会社の経営状況、大規模修繕実績、評判などを精査して管理組合主導で決定しなければなりません。

自分たちが住むマンションにとって何が一番大切なのかを十分検討して客観的に判断することが必要です。

PAGETOP