悩んだら読む!マンション大規模修繕完全ガイド

マンション大規模修繕工事業者ガイド » マンション大規模修繕マニュアル・工事の流れとポイント » マンションの大規模修繕をするなら外壁防水塗装も一緒にするのがオススメ

マンションの大規模修繕をするなら外壁防水塗装も一緒にするのがオススメ

そろそろマンションの大規模修繕をしなくてはいけない、という時期になったなら、同時に外壁防水塗装も考えてみてはいかがでしょうか。この二つを一緒に行うことで、様々なメリットがあるのです。

住民には工事の進捗をマメに伝えること

大規模修繕を行う際には、マンションの住民に工事の進捗状況をマメに伝えることが大切になります。工事によって一番影響を受けるのは、そのマンションに住んでいる人です。工事が始まると、窓が開けられなくなったり、洗濯物をベランダに干せなくなったり、日当たりが悪くなったりといった不便な事がたくさんあるのです。また、工事車両がマンションの敷地内に頻繁に出入りすることもあります。小さいお子さんがいる家庭などは、事故に遭わないかと気を揉む事も増えるでしょう。大規模修繕工事には、平均して2~3か月の期間がかかります。その間、マンションの住民はずっと不便な思いをすることになるのです。

工事の期間は、ある程度の予測は付くものの、天候や色々な条件によって伸びてしまう場合も少なくありません。今までずっと我慢をしてきて、やっと工事が終わる、と思っていたのに、何の通知もなく工期が伸びてしまったとしたら、そこに住んでいる人はどう思うでしょうか。そういった不満を住民に抱かせないためにも、工事の進捗状況はマメに知らせることが大切になるのです。

安全性が高い業者とは

マンションの大規模修繕を依頼する業者を選ぶ際に、何を基準にするでしょうか。もちろん、費用が安いという点も大事ですし、住民の負担を考えると早く工事を終えてくれるところも魅力的です。ですが、何よりも安全性の高い業者というのが第一条件になるのではないでしょうか。いくら費用を安く抑えられても、工事を早く終えられても、その間に事故があったのではマンションの住民も安心できませんし、何よりそのマンションの評判が地に堕ちてしまいます。それでは、安全性の高い業者を選ぶには、何に気を付ければいいのでしょうか。

大規模修繕の施工業者を選ぶ際には、まずは施工実績を見てみましょう。特に、同じようなマンションの修繕工事を今までどれくらい手掛けてきたかに重点を置いて調べる必要があります。居住者がいる状態で行う工事と、誰もいない状態で行う工事とでは注意すべき点が違ってくるのです。居住者がいる状態での工事をたくさん行っている業者には、マンションの大規模修繕工事を安全に、円滑に執り行うためのノウハウが蓄積されています。その業者が行ってきた工事の、階数や戸数もチェックして業者を選びましょう。

その他、現場監督となる現場代理人の工事実績や経歴、現場代理人や営業担当者の人柄、事前説明やアフターメンテナンスなどのサービス内容、その業者の経営状態などもチェックしておく必要があります。経営が苦しい業者は、以前はきちんとしていても手抜き工事を行う危険があるのです。

また、自社施工の業者を選ぶ事も大切です。工事を下請けに丸投げしているような会社もありますが、そういった業者では下請けの社員教育が徹底していなかったり、こちらの希望がきちんと伝達されていなかったりといった事態が起こる場合もあるのです。そのような業者では、責任の所在があいまいになる事も多く、安全性が高いとは言えません。打ち合わせから施工、アフターメンテナンスまで自社で行ってくれる業者を探しましょう。

どんなに安全に注意していて、それまでの実績がしっかりしていたとしても、人間のやる事ですから失敗はあり得ます。そんな時の事を考えて、保険に加入している業者を選ぶようにしましょう。保険に加入していない業者は、万一の事態が起こった時に責任を果たせない場合もあるのです。もちろん、事故を起こさないように努力することが一番大切ですが、万一の場合にもちゃんと備えているところが、安全性の高い業者と言えるのです。

外壁防水塗装も一緒にするメリット

大規模修繕と外壁防水塗装を同時に行うメリットとして、一度に依頼することで費用を抑えられると言う点があります。大規模修繕の際には外壁塗装も行われるのが普通ですが、また別に外壁防水塗装をするとなると、新しく足場を組まなくてはいけません。この足場の費用がばかにならないのです。大規模修繕の際に同時に行えば、この足場の費用を二度払う必要がなくなります。また、一度に行うことで値引きを受けられる可能性もあるのです。

他に、まとめて工事を終わらせることが出来る、という点もメリットとして挙げられます。大規模修繕が終わったかと思ったら、数年後にまた外壁防水塗装を行う、などとなった場合、住民の負担はとても大きなものになります。外から見ても、このマンションはいつも工事をしている、という印象を持たれてしまうでしょう。そのようなマンションは、よほど傷んでいるのではないか、などと思われてしまいます。実際に、外壁防水塗装を怠って雨漏りがするようになったら、住民は快適に住む事が出来ません。だから、大規模修繕と外壁防水塗装は一緒に行った方がいいのです。

うちのマンションには外壁防水塗装など必要ない、と思っている人もおられるでしょう。ですが、建物は劣化していくものです。それは、耐久性に優れていると言われている外壁タイル仕上げの建物でも変わりません。トラブルが起こってから対応したのでは、マンションの価値を維持する事も出来ません。大規模修繕の際に一緒に外壁防水塗装も行うようにしましょう。

PAGETOP